So-net無料ブログ作成
検索選択

神棚 しめ縄 向き [文化]


12125.jpg

神棚のしめ縄の向きについて

神棚のしめ縄の向きは太い方が右と言われていますが
たまに逆の向きに飾っているのを見かけますよね

しめ縄の飾り方には何か意味があるのでしょうか?
それともただの間違いでしょうか?


ネットで調べてみたところ
神棚のしめ縄の向きですが諸説ありました

・伊勢系は太い方が右、出雲系は太い方が左

関東は主に太い方が右、関西では逆にする場合がある

・太陽が強い方面を縄を太くする
 例えば、神棚が南向きなら右(東側)を太くする
 神棚が東向きなら太陽の強い左(南側)を太くする
 西向きなら右(南側)を太く
 北向きなら左(東側)が太くするそうです


どうやらしめ縄の向きは一様では無いようですね
初詣などに行かれた時にしめ縄の取り付け方を
調べてみるのも面白いかもしれませんね

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。